大好きな人になにを贈ろう?その人の驚く顔を想像しながら色々考える時間は、楽しみでも喜びでもあります。せっかくの機会、とっておきの演出を試みたいですね!

相手の好み、行動パターンをよく観察して、あげたいものを探ろう

「何をあげたら喜ぶ?」というとき、自己満足のセレクトにならないためにも、「その人の好きなもの、こと」「いつもの生活の中で大切にしていること」などに、普段から心のアンテナをはっておきましょう。

scg1

お風呂でリラックスするのが好きだ、という人に、ちょっと高価な入浴をあげたら喜ばれるでしょうし、休憩時間のお茶タイムが何よりの楽しみ、という人には有名店のお茶菓子や紅茶やコーヒーセットを贈るのも素敵です。相手を知れば知るほど、贈りたいもの、喜ばれそうなもののアイデアはいろいろ湧いてきます。

もらう方は「欲しいものをもらった」という嬉しさと、「自分の好み欲しいものをわかってくれていた」という二重の喜びが味わえます。

手作りのものは細心の注意を払って渡すのが正解

焼き菓子やパン、石鹸など、食べたり使ったりすればなくなるものは、時間をかけた愛情と作り手のぬくもりが伝わりますから、もらって嬉しいオリジナルアイテムです。(ただし、うまく作れないものはNGです!)

手編みのマフラー、洋服、小物など、そのまま形として残るものは時間がたつとどう扱っていいか困る場合もあります。家族や本当に親しい人に贈る以外は、相手の立場をよく考えて慎重に贈りましょう。

サプライズな渡し方を演出

贈り物を最大限に喜んでもらうために、渡し方にもちょっと工夫をしてみては。ラッピングの見た目も大切です。自分で、かわいく包装しなおしたり、おしゃれな陶器やインテリアに使えそうなボックスに入れて、入れ物と中身とダブルで活用できるようにしたり。

ぬいぐるみを使えば、その子に指輪やネックレスをはめたり、ハンカチ―フをまいたり、手紙を持たせたり、ちょっとかわいい演出ができます。男性が女性にネックレスを渡すときは、手渡しではなく相手にそっとつけてあげると、ロマンティックです。

食べ物は、下ごしらえやカットをしてすぐに食べられる状で渡すと喜ばれますし、パソコン、タブレット、スマホなどの電化製品をは、初期設定を終えて使える状態にしてプレゼントすると感動されるでしょう。

贈り物は、もらう方も嬉しいですが、それを準備して渡す方もワクワク感を楽しめます。プレゼント上手になって、大切な人、大好きな人と幸せな時間をたくさんつくりましょう。

日本から誕生してくる素晴らしい技術のオリジナルアイテム

毎日のように研究開発されている日本独自の製品があります。
日本から世界へ進出したオリジナルアイテムは数えきれません。
日本の代表的企業の「トヨタ自動車」の車は代表的です。
任天堂のゲームもとてもユニークでMade in Japanらしさを持っています。

scg2

日本製品は世界でも通用するほど高い品質を持っています。
そういったクオリティの高い製品を作り出せるのはコツコツと真面目に仕事をして試行錯誤を重ねてきた歴史に裏付けられています。
何回も失敗を繰り返して納得がいく結果を追究したからこそです。
その努力と信念は日本人として誇りに思います。

私達が普段使っている時計。
SEIKO・シチズン・カシオなどは日本を代表するメーカーです。
時計店に行けばどこでも置いている親しみがあるメーカーなのですが、ここまでのブランドバリューを作り上げたのも並大抵の苦労ではないはずです。
時計だけではありません。
店頭に何気なくポツンと並んでいる製品は努力の結晶なのです。

製品のクオリティは決して衰えたりしません。
進化し続けているのです。
10年後になるともっと世界に羽ばたく日本製品がでてきていることだと思います。

 

気軽に音楽を持ち運びできるオーディオ製品

オーディオテクノロジーの進歩はとても早いです。
モノラル音声からスタート!
ステレオ再生になって音質は飛躍的に上がりました。
その後、小型のコンパクトタイプにスピーカーが登場!
2.1チャンネル・サラウンドが自宅でも聞けるようになりました。
それでも大満足だったのですが現在は音が身体全体を包み込む7.1チャンネル・サラウンド環境が実現しているのです。
去年購入したタイプは古くなっているのです。
最新のモデルを購入して映画や音楽を最高の環境で楽しみましょう!

どこでも持ち歩けるモバイルパソコン

scg3

持ち運びがしやすいように小型化・軽量化したノートパソコンと考えてください。
Wi-Fiや無線LANを使うことで簡単にインターネット接続環境を得られる便利な時代です。
アウトセールスが多い営業職には必須のツールでしょう。
モバイルノート端末の種類も豊富になって、どんどんと売れているようです。

シュワッとお口の中で弾ける炭酸水の魅力

昔から炭酸飲料は子どもだけでなく大人も大好きな飲み物です。
美容効果があるのは、そのかなり前から知られていました。
マリー・アントワネットはオーストリアからわざわざ運ばせていたという噂もあります。
海外だけでなく日本でも文豪・夏目漱石が<三ツ矢平野水>を胃腸薬として飲んでいたそうです。

今も昔も炭酸水は体を癒してくれる効果あったんですね。

アスリートが疲労回復のオーバーホールとして利用しているのがマネフレで購入した、炭酸水を使ったお風呂に入ることもあるらしいです。